正しいお焼香の仕方・・知ってますか?

2015-02-05
Pocket

焼香(しょうこう)とは、仏式葬儀(カトリック葬儀)、お通夜、法事などで「香」を焚く作法のことで、「座礼焼香・立礼焼香・廻し焼香」などいくつかのスタイルがあり、宗派、考え方によってお焼香の仕方は若干異なります。

お焼香の仕方

香にはいくつかの種類がありますが、ご葬儀・お通夜・告別式では「抹香(粉香)」法事などでは「線香」を焚くことが一般的です。

また通常、御親族(近親者)のお焼香はご葬儀式の時間内に、一般会葬者のお焼香は告別式開始と同時に行われます。

■お焼香の仕方(一般的な立礼焼香の場合)

1:順番が来たら後ろの方に会釈する

2:焼香台の少し手前で僧侶⇒御遺族の順に一礼し焼香台の前に進む

3:遺影を見つめて一礼し、1歩前に出て合掌する(数珠は左手)

4:左手は合掌の形のままで、右手(親指・人差し指・中指)で香(抹香)を軽くつまみ、顔(目の高さ)の前で捧げる

5:静かに香炉に香を落とす(宗派などによって異なりますが1~3回繰り返す)

6:再び遺影に合掌して一礼する

7:前向きのまま少し(3歩くらい)下がり、僧侶・御遺族に一礼して自席に戻る

※一番初めにお焼香をしないのであれば、喪主様、前の方のやり方をよく見て、参考にして同じようにすれば大丈夫です。

※お焼香の回数は、「宗派・考え方・地方・参列者の人数」などによって異なります。

※香(葬儀の場合は抹香)を香炉に落すときは、できるだけ香炉に近づけて静かに落します。

※線香をあげる葬儀の場合は、焼香台に置いてある線香を右手で1本持ち、ろうそくで火をつけて香炉にまっすぐ立てます。

またこの時に、線香は振ったり、吹いたりして消すのではなく、必ず左手(空いている手)で静かに消してください。
(宗派によっては線香を2、3本立てる場合もありますが、その場合でも1本ずつ立てます)

葬儀の受付・ご相談

埼玉県内の対応公営斎場

浦和斎場|思い出の里|上尾伊奈斎場つつじ苑|越谷市斎場|谷塚斎場|埼葛斎場|所沢市斎場|メモリアルトネ|三郷市斎場|しののめの里斎場|朝霞市斎場|新座市営墓園|県央みずほ斎場

東京都内の対応公営斎場

臨海斎場|戸田葬祭場|町屋斎場|四つ木斎場|桐ケ谷斎場|落合斎場|代々幡斎場|堀之内斎場
運営管理:家族葬の市民セレモ
埼玉県さいたま市緑区太田窪3-10-2 お問い合わせフリーダイヤル.0120-44-3494