弔辞を読む時のマナーをご紹介

2015-02-18
Pocket

弔辞を頼まれたら、快く引き受けましょう。文章は、1,200字程度で3分が目安です。
故人に語りかけるつもりで、訃報を聞いたときの驚きや悲しみを自分の言葉で素直につづり、生前のエピソードを織り込みながら故人をしのび、感謝の言葉を述べます。

宗教によりお悔やみの言い回しが異なるので、事前に確認し、適切な表現を使うよう気を付けましょう。
巻紙に薄墨を用いて毛筆でしたためるのが正式ですが、白無地の便箋・封筒を使用しても構いません。

葬儀の受付・ご相談

埼玉県内の対応公営斎場

浦和斎場|思い出の里|上尾伊奈斎場つつじ苑|越谷市斎場|谷塚斎場|埼葛斎場|所沢市斎場|メモリアルトネ|三郷市斎場|しののめの里斎場|朝霞市斎場|新座市営墓園|県央みずほ斎場

東京都内の対応公営斎場

臨海斎場|戸田葬祭場|町屋斎場|四つ木斎場|桐ケ谷斎場|落合斎場|代々幡斎場|堀之内斎場
運営管理:家族葬の市民セレモ
埼玉県さいたま市緑区太田窪3-10-2 お問い合わせフリーダイヤル.0120-44-3494