通夜当日までに必要な準備をご紹介

2015-07-06
Pocket

お通夜

 

通夜とは遺族や親族が故人に最期の別れを告げ、冥福を祈る儀式です。
浦和斎場などやその他の場所で、通夜を進めるためには、遺族として誰が何をするか、何をどこに注文するかを明確にしておきましょう。
通夜・葬儀の告知をする

葬儀の日時が決まったら、故人と生前に親交のあった方々へ、電話やファックスまたはメールで告知をしましょう。順番は、親族、故人の友人や知人、職場や学校、団体の関係者などで、それぞれの窓口となる代表者に告知をすればその方から連絡が行きわたるでしょう。
お手伝いを依頼する
喪主や遺族は弔問客に応対する役目があり、全体を指揮することはできません。そこで、親族や近所の方、親しい友人・知人などにお手伝いを依頼します。お手伝いの人数は規模によって異なり、受付・会計・案内係などが必要です。お礼として、通夜や葬儀の終了後、志をお渡しすることもあります。

 

通夜料理を注文する

参列人数が決まったら、通夜料理の注文を忘れずにしましょう。量や種類は葬儀社などに確認した方がよいでしょう。料理の注文は、葬儀社によって締切の時間が異なります。

 
供花を注文する
供花は遺族・親族の分をとりまとめて注文しましょう。注文の締切は葬儀社によって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。遺族以外の供花の注文は、葬儀社の連絡先を伝え、直接注文してもらうのがよいでしょう

 

葬儀の受付・ご相談

埼玉県内の対応公営斎場

浦和斎場|思い出の里|上尾伊奈斎場つつじ苑|越谷市斎場|谷塚斎場|埼葛斎場|所沢市斎場|メモリアルトネ|三郷市斎場|しののめの里斎場|朝霞市斎場|新座市営墓園|県央みずほ斎場

東京都内の対応公営斎場

臨海斎場|戸田葬祭場|町屋斎場|四つ木斎場|桐ケ谷斎場|落合斎場|代々幡斎場|堀之内斎場
運営管理:家族葬の市民セレモ
埼玉県さいたま市緑区太田窪3-10-2 お問い合わせフリーダイヤル.0120-44-3494