危篤を告げられた時

2015-06-24

危篤を告げられた時

危篤の知らせ

 

大切な方の危篤を医師から告げられたら、家族、親族、友人や知人に一刻も早く知らせなければなりません。
相手が遠方に住んでいるような場合は、危篤になる前に知らせてもよいでしょう。

危篤の連絡は要点だけを確実に

危篤を知らせる場合は電話で行います。つながらない場合は、留守番電話やメールなど、どんな方法を使ってでも連絡をつけましょう。緊急なので早朝や深夜の連絡でも、相手に失礼にはなりません。また、あいさつは最小限にとどめ、要点だけを簡潔に伝えるようにしましょう。

親族は、3親等ぐらいを目安に

危篤を知らせなくてはならない一般的な優先順位は、以下の通りです。
[1]家族
[2]親族(3親等ぐらいまで)
[3]親しい友人・知人
[4]勤務先、学校、関係団体、隣近所
などです。

葬儀の受付・ご相談

埼玉県内の対応公営斎場

浦和斎場|思い出の里|上尾伊奈斎場つつじ苑|越谷市斎場|谷塚斎場|埼葛斎場|所沢市斎場|メモリアルトネ|三郷市斎場|しののめの里斎場|朝霞市斎場|新座市営墓園|県央みずほ斎場

東京都内の対応公営斎場

臨海斎場|戸田葬祭場|町屋斎場|四つ木斎場|桐ケ谷斎場|落合斎場|代々幡斎場|堀之内斎場
運営管理:家族葬の市民セレモ
埼玉県さいたま市緑区太田窪3-10-2 お問い合わせフリーダイヤル.0120-44-3494